img

武蔵野高等学校が目指す教育


独自の教育プログラムが生み出す「本当の意味でのゆとり」その中で習得する、より高い学力とコミュニケーション能力。
ますます国際化が進む現代社会において求められているのは、単に知識だけを持った人間ではなく、それを活かす知恵と実践力を持つパーソナリティです。

100年の歴史を持つ武蔵野においては、かねてより知識偏重教育への傾倒に警鐘を鳴らし、「他者理解」の校訓のもと、客観的なものの見方と洞察力の習得に重きをおいてまいりました。

また、本校では併設校である武蔵野学院大学への進学はもちろん、難関私大・有名私大など他校受験についても、現役突破の実力を身につける事を目的に、「M.S.C.(ムサシノスパイラル)]という独自の教育プログラムの導入をしております。また、「進学情報センター」を併設しており、放課後の自学自習スペースや進路相談に対応しています。これらの取り組みにより、帰宅してから塾や予備校に通うという、子供たちにも、そしてご家族の方にもかかってくる、大きな負担を軽減する事で、「本当の意味でのゆとり」を生み出します。

武蔵野高等学校では、自立した人間としての基礎を築くともいえる高校時代という、子供たちの貴重な時間を、単なる詰め込み教育に消費させるのではなく、独自の教育プログラムにより生まれる「本当の意味でのゆとり」を、本校が理念として掲げる「他社理解」を実践すべく、様々な行事やイベントなどの集団生活を通じて、より高いコミュニケーション力の育成のために活かして参ります。


・武蔵野高等学校が目指す教育

学習支援体制

進路

カリキュラム表
(PCサイト)



▲ページTOP

学校案内

入試情報

教育内容

学校生活

ホーム
© MUSASHINO GAKUIN All Right Reserved.