img

中学校 箱根林間学校【1日目】

2019年11月 6日

中学校 箱根林間学校【1日目】

11月6日(水)~9日(土)の日程で、中学校箱根林間学校が始まりました。
この林間学校は今年度最後の宿泊行事、“職業体験”と“いいとこ大賞”を目玉として、各学年がそれぞれの立場で次のステップに進むことを目的としています。

初日である本日は、翌日の職業体験に向けた挨拶やマナー・コミュニケーションを学ぶために、グループワークを行いました。
学年を越えて結成されたグループの中で、コミュニケーションを図りながら、課題の達成に臨む姿が見られました。

夜はいいとこ大賞と貿易ゲーム。
いいとこ大賞とは、生徒一人ひとりの長所や日ごろの生活の中で輝いていた場面などを、担任の先生が全員の前で表彰するものです。
本日は2年生の表彰でした。明日が1年生、明後日が3年生の表彰です。
自分自身の“いいとこ”の発見と、他の人の“いいとこ”を聞くことにより、自分を見つめ直すだけでなく他の人の新たな一面も見てもらいたいと思います。

最後は社会科の課外学習、「貿易ゲーム」を行いました。
貿易ゲームとは、紙を“資源”に、はさみやコンパスを“技術力”に見立て、それらを用いて円や長方形などの図形を“製品”として生産し、できるだけ資金を稼ぐことを競うものです。
このゲームのポイントは、事前に配布される紙(資源)や道具(技術力)に最初から差があること。
現実と同様に、“持っている側”と“持っていない側”、それぞれの立場で他とどう交渉をし、自分たちが必要なものをいかに手に入れるかを考えなければなりません。
限られた道具、iPad、そしてそれぞれの頭脳を駆使して、このシミュレーションゲームに取り組み、上級生が下級生を引っ張る姿を見せるなど、大いに盛り上がっていました。

     

 

 

 

     

 

 

 

     

 

 

 

     

 

 

 

     

一覧へ戻る
▲ページTOP

学校案内

入試情報

教育内容

学校生活

ホーム
© MUSASHINO GAKUIN All Right Reserved.